マダオなWALKING′!

まるでダメなオバサンによる まったりダラダラお気楽旅

大楠山ハイキング (前田橋コース~衣笠コース)   2018.03.31(土)

イメージ 1
大楠山 展望台から
大楠山の標高は242mと高くはありませんが、周囲に高い山がないので、展望台から360度見渡せます。真ん中には富士山、そのわきには江の島も見えます。

前田橋バス亭 → 前田橋遊歩道 →(70分)→ 大楠山 →(80分)→ 衣笠城址 →(40分)→ 衣笠山公園 →(30分)→ 衣笠駅  約11km

 いいお天気に誘われて、お花見がてらのハイキングです。

イメージ 2
前田橋遊歩道入口
逗子駅からバスに乗って約20分。長者ヶ崎からは富士山がきれいに見えます。前田橋バス停でバスを降り、すぐ左に曲がって歩いていくと、橋のすぐ手前に前田橋遊歩道の案内板が見えてきます。

イメージ 3
「雨上がりや雨の時は、急に水が増えますので入ってはいけません。」と、案内板に書いてあります。木の階段を下りていくと、川の中の遊歩道。歩いてみれば納得です。

イメージ 4
飛び石や木道を伝って川歩き♪

イメージ 5
前田川遊歩道と分かれて大楠山ハイキングコースに入ります。この先も遊歩道は続いているけど、今はがけ崩れのため通れません。

イメージ 6
遊歩道と分かれるとすっかり山道になりました。

イメージ 7
可憐な白いニリンソウウラシマソウ。足元には春の花がいっぱいです。ウラシマソウの名前は、花から伸びているつる状のものが、浦島太郎の釣糸のようだと名付けられたとか。

イメージ 8
ヤマザクラの花びらがひらひら、山はすっかり春の色

イメージ 9
大楠山レーダー雨量観測所
ここが山頂かと思ったら山頂はもう少し先でした。

イメージ 10
雨量観測所の脇では、菜の花と桜がコラボ。秋はコスモスになるとか。

イメージ 11
大楠山 展望台
山頂までやってきました。こちらは横浜方面の眺め。空気が澄んでいるときにまた見に来たいな。山頂には小さな売店と展望台、トイレはありますが、水道はありません。ウェットティッシュ忘れた・・・

イメージ 12
山頂からは急な下りです。

イメージ 13
先ほど上から眺めたゴルフ場脇の金網トンネルを下りると分岐点。いまは工事のためこの先の衣笠ハイキングコースが通行止めになっています。案内板に従って迂回路を進みます。本来ならこのまま真っ直ぐ進むところですが、左の急な下り坂(阿部倉コース)に進みます。工事の理由はゴミ処理施設ができるとか。途中で出会った地元の方がとてもいいところがたくさんあったのに残念だ・・と言っていました。

イメージ 14
急な坂を下っていくと川にあたります。こんな橋で渡ります。

イメージ 15
山道を抜けるところでお巡りさんとすれ違いました。阿部倉温泉との分岐まで来ると目の前にパトカーが停まっています。何かあったのかなぁ。何にもなかったけどなぁ。迂回路はパトカーの脇をぬけ、横浜横須賀道路をくぐります。パトカーの脇にあるのはトイレです。

イメージ 16
合計3回、横浜横須賀道路をくぐり、大楠隧道先のヤマト運輸前の横断歩道を渡ります。坂を少し下って細い舗装された道を歩いて、坂の上の分岐点で右に折れます。わかりにくいけど、案内の表示があるので見落とさなければ大丈夫。

イメージ 17
道が突き当たったところで、山道に入ります。
けどこの道が・・・短いんだけど、足元はグチャグチャ、足場も仮設で歩きにくい。

イメージ 18
山道に戻り階段を上っていくと本来のハイキングコースに合流しました。ここで迂回路は終わり。本来は左の道から合流してくるようです。赤い矢印へ進むと衣笠城址

イメージ 19
階段をのぼり山道を歩いていくと切通しがありました。大楠山からの道は衣笠城の搦手口になります。

イメージ 20
いったん舗装道路にでて、坂を下り大善寺の脇の階段を上っていきます。この付近に居館があったと云われています。

イメージ 21
衣笠城址
谷戸川と深山川に挟まれた半島状の丘陵一帯が衣笠城でした。平安時代から鎌倉時代にかけて三浦半島に勢力を誇った三浦一族の本城で、四代大介義明が源頼朝の石橋山挙兵に応じ、畠山重忠に攻められた衣笠合戦(1180)で落城しました。現在の衣笠城跡はその後、北条氏に対抗するため鎌倉時代後期に改造されたものです。

イメージ 22
物見岩(衣笠城址)

イメージ 23
詰の城(衣笠城址)

イメージ 24
衣笠城址から衣笠山公園に向かいます。途中には岩場もあるので足元に注意です。

イメージ 25
あっ、リスだ!

イメージ 26
最後は急な階段を下り横断歩道を渡って、衣笠山へと入ります。階段を下りたところで自転車に乗ってきた男性が、自転車を抱えて衣笠城址に向かって歩き始めたけど大丈夫かなぁ。

イメージ 27
またまた丸太の階段が続きます。

イメージ 28
標高134,2mの衣笠山山頂にやってきました。

イメージ 29
お祭りやっていないのかと思いながら、展望台のある山頂から下って来ると、お花見客で広場はいっぱい。ハラハラと散り始めた桜の下でみんな楽しそうです。

イメージ 30
鯖味噌定食(三浦や)
衣笠駅へ続く商店街で少し遅いお昼ご飯。桜まつりでは思っていたほど屋台がなかったので、駅まできちゃいました。このお店はとんかつのほうが有名だそうです。元気なオバちゃんたちが切り盛りをしていて、居心地のいいお店でした。

  暖かかった3月。横浜の桜は例年よりも早く3月19日に開花。春分の日に雪が降ったとおもったら、その後は初夏のようなお天気が続き一気に満開となりました。この週末が最後のお花見日和になりそうです。お天気に誘われて、一度行ってみたかった大楠山のハイキングに行ってきました。前田川遊歩道から歩くのがおすすめと聞いていたので、逗子駅からバスで向かいます。前田橋遊歩道は聞いていた通りとても素敵な遊歩道。気持よく歩けますが、雨の日は歩けません。遊歩道に続く山道もきっとぬかるんでぐちゃぐちゃでしょう。道幅が狭く急なところや岩場もあるので、雨の日や、雨上がりに無理して歩くのはお勧めしません。低山とはいえ、3回も登って下りてを繰り返すとさすがにちょっと疲れました。このところ運動不足だったからね~。でも変化があって楽しい道でした。足慣らしにはちょうどいいハイキングとなりました。すっきりと晴れた日に、また展望台から雄大な景色をながめたいなぁ。そういえば途中であった地元の方が塚山公園はアゲハチョウの宝庫だと言っていました。今度は塚山公園まで足を伸ばしてみようかな。